topimg

爪の病気の症状と原因⇒陥入爪の症状と原因・治療法

陥入爪(かんにゅうそう)の症状と原因・治療法

このページでは爪の病気のひとつである陥入爪(かんにゅうそう)の症状と原因、治療法について説明していきます。

陥入爪

■陥入爪の症状

爪の病気と聞いて最初に思い浮かぶのは巻き爪という方も多いのではないでしょうか。その巻き爪に似た症状の爪の病気として陥入爪と呼ばれる症状があります。これは巻き爪と同様爪が巻いてしまうのですが、巻き爪は痛みを伴わないことが多いのに対して陥入爪は皮膚に食い込み痛みを伴います。

陥入爪は放っておくと悪化していき何もしなくても痛みが出たり、立つ、歩くなどの動作をすると痛みで動けなくなることもあるくらい痛みが強くなります。靴下を履くのさえ困難な状態になり、日常生活に支障を来します。また出血なども見られ、皮膚に爪が食い込んでいき、そこにばい菌が入ってしまうと指が腫れ、肉芽腫(にくげしゅ)と呼ばれる赤いできものが現れます。この肉芽腫は最初は小さく痛みもあまりありませんが、大きくなってくると陥入爪を余計に食い込ませることになり痛みもさらに悪化します。

sponsored link

■陥入爪の原因

陥入爪になる原因はいくつかあります。その中でも多い原因は爪の切り方やサイズの合っていない靴、先の細いハイヒールのような靴により爪が圧迫され、陥入爪になることが多いです。巻き爪も同様な原因で起こりやすいです。

陥入爪の原因となる爪の切り方ですが爪の先の白い部分を切りすぎて深爪になっている方は要注意です。特に爪の角の部分を切りすぎて深爪になると爪がトゲのように肉に刺さり陥入爪になります。爪の先端部分を切りすぎてもよくありあません。爪の先端部分の肉が爪よりも上にきてしまうと爪の成長を妨げてしまい爪が肉に食い込んでしまいます。

靴選びも重要です。立ち仕事の方は特に先の細い靴などを履いていると爪が圧迫されて負担を長時間受け続けているために陥入爪になってしまいます。先の細い靴は陥入爪だけでなく巻き爪や外反母趾などの足の痛みも併発することがありますので、あまり長時間履かないようにしましょう。

■陥入爪の治療法

陥入爪は初期症状のうちに治療を開始すればそこまで治療は難しくありません。最近では手術などしなくても保存療法での治療が主流になってきていますので、時間をかけて治療するというのが一般的なようです。これはワイヤーなどで爪を固定し矯正していくものが多く、手術もしないため比較的痛みなどを伴うこともなく治療することが可能です。しかし陥入爪は一時的に治ったとしても再発することが多い症状ですので、予防が大事になってきます。

陥入爪の予防には上記にもある通り爪の切り方と靴選びが重要になってきます。これは巻き爪の予防と一緒で深爪になるような爪の切り方は避けて、爪の角が尖らないように丸みをつけて気持ちいつもより長めに切り揃えると良いでしょう。靴の選び方も予防には重要なことです。自分の足にフィットし、サイズも丁度良く、靴の中で指を圧迫しないような靴を選ぶようにしましょう。

陥入爪などの爪の病気には皮膚科で診てもらうと良いのですが、爪だけの専門医はなかなかいないのが現状です。巻き爪や陥入爪の治療を多くしてきている病院を探すのも重要なポイントですので、しっかりと診てもらえる病院を探しましょう。

⇒二枚爪の症状と原因

⇒巻き爪の症状と原因

⇒爪が変形する病気

sponsored link